発達障害はカウンセリングで治る?診断の注意点も解説

「カウンセリングで発達障害は治る?」
「発達障害の種類や診断の注意点は?」
「カウンセリングを受けられる場所を知りたい」

昨今、認知度が高まっている発達障害。

本記事では、発達障害に関する冒頭の疑問について、詳しく解説していきます。
カウンセリングをうけたい方、心の悩みを抱えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

発達障害とは

発達障害とは、脳の器質的な損傷・変形によって起こる先天性の精神障害です。

精神障害といっても、実際は素人には健常者との見分けがつかないことから「見えない障害」ともいわれており、それによって当事者は理解が得られにくい問題にも悩まされています。

アメリカ医学会が発行している最新の診断マニュアル「DSM-5」では、発達障害という名称ではなく「神経発達症」とされています。

本記事では、知名度の高い「発達障害」を用いて解説していきます。

発達障害の種類

ここからは、発達障害の種類を紹介していきます。
厳密な分類は、医師や学者によっても揺れていますが、基本的に最低でも以下の3つは発達障害と分類されています。

  • 自閉スペクトラム症(ASD)
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • 学習障害

ここでは、以上の3つに加え、知的障害についても解説していきます。

自閉スペクトラム症(ASD)

自閉スペクトラム症(ASD)は、以下2つの特性が見られる発達障害です。

  • 社会的コミュニケーションおよび対人相互反応における特続的な欠陥
  • 行動、興味、または活動の限定された反復的な様式

具体的な特性としては、以下のようなものが見られます。

  • 相手の言葉を字義通りに受け止める(遅刻して「今何時だと思っているんだ」と叱責された際に現時刻を答えるなど)
  • 興味物への強いこだわり、執着、常同行動(同じドラマのワンシーンを1日中繰り返し観るなど)
  • 感覚過敏・感覚鈍麻(周りの雑音が大きく聞こえカフェでの会話が困難、匂いが人一倍わからないなど)

ただし、発現する特性は人それぞれである点も注意しておきましょう。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

注意欠陥多動性障害(ADHD)は、以下2つの特性が見られる発達障害です。

  • 不注意
  • 多動性・衝動性

具体的な特性としては、以下のようなものが見られます。

  • 過度な忘れ物(靴を履き忘れて出勤する、1ヶ月毎日忘れ物をするなど)
  • 長時間椅子にじっと座っていられない

ただし、発現する特性は人それぞれである点も注意しておきましょう。

関連記事:ADHDの特徴や特性とは?カウンセリングの役割も解説

学習障害(SLD)

学習障害(LD)、正式名称「限局性学習障害(SLD)」は、以下と定義される発達障害です。

  • 全般的な能力に遅れはないが、ある特定の学習能力に著しい困難を示す

「ある特定の学習能力」とは、読む・聞く・話す・書く・計算するなど。
具体的な特性としては、以下のようなものが見られます。

  • 数学的思考力は高いにもかかわらず、2桁同士の足し算が暗算で行えない
  • 普段のコミュニケーションには問題ないものの、資料の音読がうまくできない

ただし、発現する特性は人それぞれである点も注意しておきましょう。

知的障害

知的障害、正式名称「知的能力障害」は、発達障害に分類されることもある精神障害で、定義は以下の通り。

  • 全般的な知的発達の明らかな遅れと適応行動の障害が、18歳以前から見られる

「明らかな遅れ」は、知能検査で知能指数(IQ)が一定水準を下回ること(具体的にはおよそ70未満)を指しますが、あわせて適応機能も考慮されて診断へ至ります。
臨床の場では、重症度はIQ値よりも適応機能によって決定されます。

大人の発達障害とは

発達障害は先天性の障害であるため、子どもの発達障害も大人の発達障害も特性自体は変わりません。

しかし、環境における特性の在り方は変わります。
学校という場では、遅刻も忘れ物も職場ほどは問題にならないでしょう。
それどころか、一部の発達障害に見られる過集中・興味への没頭・論理的思考などは勉学に有利に働くことも少なくありません。

それが、マルチタスクや社会的手続き、より複雑な人間関係の増える社会人になると、発達障害による困り感(生活に支障をきたしている度合い)が増すわけです。

関連記事:大人の発達障害とは?種類や診断の流れ、注意点を解説

発達障害の診断の注意点

ここからは発達障害の診断の注意点を解説していきますが、前提として「診断に振り回されず、特性を理解すること」が重要です。

また、発達障害の特性は一見すると誰もが少なからず持っている要素でありながら、発達障害には福祉による確かな線引きが必要です。

その基準となるのが、あまり知られていない「診断に必要な3つの要素」です。

  • 先天性:生まれつき(判断が難しいため実際は乳幼児から)特性が見られること
  • 恒久性:いついかなる場面でも同様に特性が見られること
  • 困り感:特性によって社会生活上で支障をきたしていること

特性に加えて、以上3つが認められて初めて診断へと至ります。

カウンセリングで発達障害は治る?

発達障害は完治しないものの、カウンセリングは生活の支障を軽減する有効な手段です。

また、注意欠陥多動性障害(ADHD)の不注意などには薬物治療も併用されることがあります。

カウンセリングと薬物治療を組み合わせることで、より効果的なサポートが可能です。

関連記事:カウンセリングの受け方と受けるときに意識したいポイント

カウンセリングを受けられる場所

最後に、カウンセリングを受けられる場所を3つ紹介していきます。

  • 精神科・心療内科
  • 民間のクリニック
  • オンラインサービス

それぞれ確認してください。

精神科・心療内科

精神科・心療内科は、専門の医師や心理カウンセラーが、発達障害の治療とリハビリテーションを行います。

安心して自身の問題や苦しみを共有し、個別の精神療法や認知行動療法などのアプローチを経て、特性とのうまい付き合い方や、日常生活における戦略を身につけられるでしょう。

また、必要に応じて薬物療法も行われます。

民間のクリニック

民間のクリニックも、カウンセリングを受ける場所として利用されます。

ここでは、依存症専門の医師や心理カウンセラーが個別のセッションを提供し、個々の問題に対処します。

民間のクリニックは、より個別のニーズに合わせたカスタマイズされたサポートが魅力です。

時間がかかる可能性はありますが、自身に合ったクリニックを探すのも良いでしょう。

オンラインサービス

オンラインサービスは、依存症患者がカウンセリングを受ける場所として利用できます。
自宅やどこからでもアクセスできる点が魅力です。

オンラインカウンセリングでは、専門のカウンセラーや医師がビデオチャットやメッセージを通じて患者と対話します。
匿名性に関するニーズにも応えられるため、オンラインサービスは有用です。

カウンセリングで発達障害は改善する

今回は、発達障害へのカウンセリングについて解説しました。

カウンセリングは発達障害の改善に有効な手段のひとつです。

カウンセラーとの対話を通じて、自己理解やコミュニケーションスキルの向上が促され、日常生活や社会参加の質が向上する可能性があります。

ただし、改善の度合いは個人によって異なるため、継続的なサポートや他の治療法との組み合わせが必要です。

東京(渋谷)のカウンセリングならHeart Life こころの悩み相談所へ

コメントする